フーガ ナットブラウン
フーガ ナットブラウン
フーガ ナットブラウン
フーガ ナットブラウン
フーガ ナットブラウン
フーガ ナットブラウン
フーガ ナットブラウン

フーガ ナットブラウン

販売元
GAERNE
通常価格
¥28,050
販売価格
¥28,050
通常価格
在庫なし
単価
あたり 
税込

厳選された一枚革で構成された滑らかなアッパー、そして斜めにオフセットされた開口部。クラフトマンだから出来る、贅沢な遊び心を持ったライディングブーツ。

FUGAでは、ライディングに必要な環境を整える事と、靴本来の機能の充実をバランスさせることを目標にしました。
ライディング環境を整えるために靴の甲部分を構成するアッパーを一枚革で形成し、なおかつ開口部をオフセットしました。一枚革からの形成は、革を贅沢に使うために無駄も多く、それだけコストに反映してしまいます。しかし、縫い目の少ないフォルムは、見た目の美しさと共に、その柔軟性から心地よく足にフィットします。また凹凸の少ない表面は、滑らかにオートバイと接することが出来るのです。
さらに開口部のオフセットによって、そのコンセプトをより具体的に実現しています。ライディングの妨げとなる靴紐のポジションを外側にズラし、さらに靴紐の処理もスナップボタンで留める方法を採りました。見た目もすっきりとスマートに収まり、端正なデザインを引き立てています。

KEY FEATURES

アッパー素材
ANFIBIOレザーはガエルネブーツのなかでもハイエンドモデルにのみ使用を許された最高級フルグレインレザーで、非常に丈夫なのに馴染むと柔らかいのが特徴です。さらに汚れに強く、素材自体にある程度の耐水性を持ち合わせています(ただし完全防水ではありません)。染色されたANFIBIOレザーは不均一に染まり、独特の風合いが生じます。時間と共に色が変化していくのもこの革の大きな特徴でもあります。

ソールの製法
この靴を特徴づけるのがノルウェージャン製法「通称ノルヴェジェーゼ(Norvegiese)」です。この製法は、靴の甲革と中底、表底を独特のロックステッチで縫い合わせることにより様々な利点があります。例えば靴底が厚く型崩れしにくいこと、剛性が非常に高いこと、頑丈に仕上がり長持ちする事、靴底が張り替えられる事などです。高級紳士靴の定番になっているように、古来より靴を頑丈に、そしてきれいに仕上げるのに最適な製法なのです。 ただし、複雑な工程を経るため、コストがかかるのが欠点です。そのため、ルックスはノルウェージャンやグッドイヤーでも、実は違うといったシューズも多く見受けられます。このシューズはそう言ったコストを度外視し、本物をお届けしたいという想いで製作されています。ガエルネ社は、No.145やFUGAといったシューズを、インテグラルシューズ、つまり「足を完全に包み込む靴」と呼んでいます。

HAND MADE IN ITALY
イタリアのベネト州にあるガエルネ工場で職人がひとつひとつ手作業で製造している手作り商品です。FUGAからはイタリアの物造りという歴史、文化で養ったガエルネの熟練された手を持つクラフトマンの熱いプライド、感性が伝わってくるはずです。そしてそのクラフトマンが一目一目を確実に、そして大切に縫い上げた糸目からこの靴に対する執着心と愛情をも感じ取れるでしょう。

※注意事項
ガエルネのブーツは職人がひとつひとつ手作業で製造している手作り商品です。作業工程中に小さな傷や革に色むらがついてしまうことがありますが、それらに関してジャペックスは不良品とみなしておりません。 上記ご了承いただいたうえでご購入ください。

SPEC

  • 外装:本革(フルグレインレザー)
  • 内装:子牛革
  • ソール:ビブラムブロックソール(修理交換可)
  • 重量:850g(片足)
  • 足入れ全高:17.0cm
  • 生産国:イタリア

サイズ感

普段履きスニーカーと同等のサイズをオススメ
甲高や足幅が広めの方は1サイズUPをオススメ

ガエルネのライディングブーツは一般のシューズと製法が異なります。これによりサイズ感が普段履いているスニーカーと多少違いがあります。各モデルによってもサイズ感が異なります。
下記ヘルプの「ガエルネサイズ計測システム」もご活用ください。

ヘルプ

サイズが分からない?・・・ガエルネサイズ計測システム
どのブーツを選んでいいか分からない?・・・ブーツの選び方
欲しい商品の在庫がない・・・在庫・入荷情報

関連記事

【総評】ガエルネ ストリートライディングブーツ4種はどういうキャラクター?選ぶポイントや特徴をまとめて紹介!
ガエルネ フーガは一生モノの本気で育てるブーツ!ストリートライディングブーツの選び方
【渋み】バイク用ブーツ「ガエルネ フーガ」を半年履きまくってみたら早くも味と渋みが出まくっている話
フーガにガエルネのウォータープルーフポリッシュを塗ってみました
ガエルネのNo.145とフーガのサイズ感を女性スタッフが検証しました!
日本専用のガエルネ?ライディングブーツのヨーロッパと日本の好みの違い【ライター・サトウの教えて三石さん! Vol.5】
最近のライディングブーツは“慣らし”が必要ない?【ライター・サトウの教えて三石さん! Vol.6】